ヘルニアの原因と治す為には

ヘルニアは腰痛の原因ではなく結果だった事がわかった!

「病院で検査してヘルニアと診断されたことがあるから腰痛は治らない・・?」のウソ

腰の痛みが続き、足がしびれてきたからレントゲンとMRIを病院で撮り検査したところヘルニアと診断されて

痛み止めと湿布を出しておくのでしばらく安静にしていてください。」

「我慢できなかったらブロック注射を打ちましょう。」

「ひどくなれば手術になります。」

・・・えっ⁉で?どうすれば良いの⁉

手段も伝えられず愕然としたことはありませんか?

そもそもヘルニアとは?

ヘルニアレントゲンヘルニアという言葉自体は「飛び出す」という意味です。

腰の骨は5つあり、その骨と骨の間に椎間板というクッションの役割をする繊維性の軟骨があります。

その軟骨がつぶれてしまい飛び出る事を、腰であれば腰椎ヘルニアと呼びます。

ヘルニアがあると痛いのか?

飛び出た軟骨が神経に当たれば一時的にしびれる事はあるかもしれませんが、手術をして100%痛みやシビレが治るとは医者も言い切れません。

何故なら「腰痛の85%は原因不明であると医者が監修している書籍にも掲載されていて認めているからです。

骨や神経の病気などは画像診断で見つける事ができます。

が、腰の骨や神経周囲に負担をかけている原因は画像ではわかりません

そもそも腰痛を感じているのは骨や神経ではありません。

腰が痛い!と感じているのは周りの筋肉や腱などの組織なのです。

 腰痛の原因の真実

腰の筋肉などが過剰に緊張しなければならない状況を作っているのがいるのが「腰痛の原因」です。

例えば足を片方だけ組む癖がある、カバンを持つ手は決まっているなどの生活習慣から引き起こされるバランスの崩れが、真っすぐに目線を維持しようと自然に修正しようとして身体の中心部である腰に歪みがうまれ負担がかかり過緊張を起して、最終的に身体の異常のサインとして腰痛が発症します。

その状態が続くと腰の骨や椎間板や神経周囲を圧迫してヘルニア・腰から出て座骨の横を通過する坐骨神経・狭窄症などになります。

逆にこれらが画像で写っていても痛みやシビレがない方もいます。

つまり、医者は腰痛の原因のほとんどを見つけられません。

      腰痛から卒業する為には

●良くなる保証のない手術

●その場しのぎの注射

●胃が荒れる痛み止め

誰もこのような事はしたくないですよね?

一番は腰に負担がかかっている原因を見つける事

腰の骨自体はあまり大きく動く構造にはなっていません。

従って腰の筋肉が過剰に使わないといけない状況にしなければいいのです。

そんな状況になってしまうのが股関節と胸椎の動きの悪さです。

特に股関節は可動域もあり、大きな力を生む事が出来るのに動きが悪くなると腰が過剰に緊張しなければならなくなり、椎間板が押しつぶされてヘルニアになる可能性があります。

ストレッチや整体で身体を整えてから腰への負担を減らすのがおすすめです。

あなたの股関節は大丈夫ですか?

腰に強い刺激を与えない

ヘルニアで腰に刺激を与えて治った人はいますか?

痛い箇所に強い刺激を与えて一時的にごまかすのは簡単です。

しかし強い刺激を与えないと辛さから解放されない身体になります

なぜなら強い刺激は筋肉の損傷を起してしまい、それを修復しようとさらに固くなり、血流が悪くなり痛みや怠さが増強するという痛みの悪循環を起こしてしまうからです。

自分の身体を理解しようとする

どんなに身体への環境が良くても無茶苦茶な使い方をすると負担はかかります。

普段の癖や弱点などの腰に負担をかけてしまう原因を理解して対応できないと腰痛の原因からの卒業はできません。

自分でわからない方は専門家に診てもらう事が一番確実です。

身体の中からも気を付ける

内臓が弱ったり異常が出ると「関連痛」といって反射で背中の筋肉が張る事もあり過度な緊張の原因にもなります。

冷たいものや消化の悪いものや脂っこいものよりもあっさりした消化の良い温かいものを摂るように心がけましょう。

まとめ

ヘルニアと診断された場合、症状に対して対策を考えるのではなく原因に対して対策するのがベストではないでしょうか。

たとえ注射や痛み止め、手術で一時的に症状が治まったとしても原因が解決されていない限り再発の恐れもありますし、何より不安が大きいと思います。

一度自分の身体を理解し、向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です